夏のキャップ女子が次にかぶるのは、ジェットキャップです。

Union Camp Cap

今や女子の定番になりつつある!?

メンズストリートスタイルに欠かせないアイテムだったジェットキャップが、近年は女子帽子の新定番になりつつあるのは街を見渡せば一目瞭然。
例えばおでこの辺りにワンポイントのタグが付いていたり、ブランドロゴの刺繍が施してあったりと、どちらかと言うとシンプルなデザインが多めだった印象がある人も多いはず。
でもでも、昨今のキャップ女子ブームに相まって復活を遂げたジェットキャップは、それとはまったく表情を変えた雰囲気のデザインが散見されますよね。
そこでRU WEB MARTにだってあるんです、派手目なジェットキャップ。

デニム生地をベースにパネルで切り替えしたジェットキャップ。
ブラックデニムは、ハワイアンなボタニカル生地、インディゴデニムには、爽やか目なカラーリングのTye-Dye生地、薄めのサックスカラーデニムにはキュートなポルカドット生地を配置。
おでこの部分には細長のオリジナルワッペン!
ジェットキャップには必須のバックアジャスターが付いているので大き目頭でも心配なく被れますね。

デニム生地をベースにパネルで切り替えしたジェットキャップ。
ブラックデニムは、ハワイアンなボタニカル生地、インディゴデニムには、爽やか目なカラーリングのTye-Dye生地、薄めのサックスカラーデニムにはキュートなポルカドット生地を配置。
おでこの部分には細長のオリジナルワッペン!
ジェットキャップには必須のバックアジャスターが付いているので大き目頭でも心配なく被れますね。

夏だからこそデザインで楽しむ女子キャップ

派手な帽子はちょっと・・・。って普段は思うけど、夏場のキャップなら割りと攻めたデザインでも意外とかぶれちゃうのがポイント。
タンクトップにショートパンツ、ビーサンにサングラスでもかけて、サッと上から合わせるだけでサマになる簡単アイテム。
逆を言うと、凝ったスタイルやラフじゃない気張った格好には、あんまり適していないからこそカラーリングや生地感で大いに遊べるジェットキャップって楽で良い。

空前の白ブームに合わせる帽子

ファッション全体的に流行の白にブラックデニムベースのユニオンキャンプキャップを合わせるとこんな感じに・・・?
トロピカル感満載なアロハ生地で切り替えて重たい感じを払拭するどころか落ち着きのある爽やか目な雰囲気になりますね。
ところで、このカタチの帽子、呼び方が様々。
先ほどから使っている(1) ”ジェットキャップ”ここで紹介している帽子の名前にも入っている(2)”キャンプキャップ”さらにパネルの枚数をそのままに(3)”ファイブパネルキャップ”と挙げればいろいろですが、一般的にはジェットキャップが浸透していますか?
かぶった感じの浅いタイプの帽子なので、サラッと乗せるぐらいの気分で気軽に日々の服装に差し込んでいってみてはいかがでしょうか。

日本製のアロハ生地で作ったハワイアンハンチング 『Aloha Pripera Hunting』

夏のキャップ女子が次にかぶるのは、ジェットキャップです。 『Union Camp Cap』

流行のニューヨーク物、タギングにこだわったメンズのキャップ 『Paint NY MC』

オシャレ最前線の街、表参道-Omotesando-を歩く 『Paper Blues』